当サイト推奨

仮想通貨|STOはICOの進化版!「STO」に注目しましょう!

仮想通貨|STOはICOの進化版!「STO」に注目しましょう!

仮想通貨|STOはICOの進化版!「STO」に注目しましょう!

みなさま、こんばんは!

ブログニストことmasaです。

今回は、仮想通貨でのICOが抱える問題点を解決する新たな資金調達手段「STO」?STOとは何んなのか?注目度は日に日に高まっている要因を皆様にお話ししていきたいと思いますので、しっかりと身に着けて快適な仮想通貨の取引をしてくださいね!

 

仮想通貨|ICOの問題点を解決するSTOとはなにか?

ブロックチェーンに関する事業を行っている企業や組織が、新たな仮想通貨を発行する事をICOと言います。

Initial Coin Oferring(イニシャルコインオファリング)

ICOは、すでに総額で数兆円規模の市場になっていますが、そんなICOの進化版として今注目されているのかSTOなんです。

Security Token Offering(セキュリティトークンオファリング)

STOとは、新たなトークンを発行して資金調達をするという点はICOと一緒なんですが、ICOが抱える問題点を解決する新たな手段として注目を浴びています。

ここで、一つ覚えておいていただきたいのは、STOのSecurityはインターネット上でよく言われる「安全性」という意味ではなく「証券」を指す言葉ですので覚えておいてください。

それでは、ICOの問題点とはどのようなものなのでしょうか?

 

仮想通貨|ICOの問題点とは?

それは、発行されたトークンの値上がりを目的とする投機的側面が強すぎるという点ではないでしょうか?

そもそもは、ICOが注目されるようになったのは、短期的で数倍から数百倍に価格が高騰することが珍しくもない、という特徴が要因となっています。

一方でICOを行う企業や組織にとって、IPOなどの既存の資金調達よりも迅速に巨額の資金を調達できるというメリットがありますので、2017年以降ICOが爆発的に増加したというのが理由ではないでしょうか?

ただ、この様なICOのメリットは既存の法規制が仮想通貨と言う新たな分野に対応できておらず、いわばグレーゾーンの中で資金を調達できていたからとも言われています。

自由さゆえに・・・

スキャム(詐欺)

によって、投資家が損失を被ってしまうという問題が頻発しているのも事実です。

その様なことが問題となり、現在は世界各国でICOに関する規制を検討する政府が増えてきているというのも事実ではないでしょうか?

ICOを行う企業・組織にとってもグレーゾーンの中でトークンを発行する事は大きなリスクとなっているというのが現状ではないでしょうか?

そんな状況の中で、証券法をはじめとして既存の金融関連の法律に基づいて合法的かつ安全に資金を調達する手段がSTOという事です。

それでは、STOとは何か?と言うところなのですがここで、しっかりとSTOを勉強してください!

 

仮想通貨|STOとは何か?

ICO規制が世界的に議論されているとは言っても現時点でICOが全面的に禁止されているわけではありません。

そしてトークンを証券として発行・販売することになれば各国の証券法に基づいた手続きが必要となるためICOよりも不自由な面が生まれてしまいます。

にもかかわらずSTOが注目されているのは、それに見合うだけのメリットがあるからだと私は思います。

では、そのメリットを挙げてみましょう!

 

仮想通貨|STOメリットその1

※ 後から違法性を指摘されるリスク

仮にICOで発行される多くのトークンが証券と認定されればこれまでのように自由に発行・販売することが不可能になりますし、各国の証券法に基づいた活動をする必要が生まれます。

この様な議論がされている最中に新たにICOを実施して資金を調達することには、あとから違法性を指摘されてしまう可能性があるなど大きなリスクがあります。

そのリスクを回避するために、あらかじめ証券として法規制に対応したトークンを発行するのがSTOという事なのです。

 

仮想通貨|STOメリットその2

※ 投資家の信頼を得られる

残念ながらICOの中には投資家からお金をだまし取るような怪しいものが少なくありません。

それは、株などのような法規制が存在せず、素性が知れない企業や人でもトークンは発行・販売できてしまうからなんです。

だからこそこれまでにないイノベーションが生まれるとも考えられるのですが現時点では投資家にとってのリスクの方が大きくなってしまっています。

しかし、既存の法規制に適応して実施されるSTOなら各国の関係機関によって厳格に審査・管理されたプロジェクトだけが選別されることになります。

それによって、投資家が詐欺被害などに遭ってしまうリスクを下げる事になると思います。

真面目にプロジェクトを推進している企業にとって信頼性のアピールは非常に重要なポイントですし、どれほど優れたプロジェクトでも数あるICOのなかから投資家に見つけてもらう事は非常に困難になっています。

プロダクトやサービスの浸透さよりもマーケティングの能力の高さがICO成功のカギを握ってしまったからという事なんです。

ICOプロジェクトへの信頼性が重視される昨今ですがSTOは最も分かりやすく信頼性をアピールできる手法だと私は思いますし、投資家の信頼を得られれば資金調達がしやすくなるというのが私のSTOへの考え方です

そして、調達した資金を元手に事業を成功させる可能性が高まるというメリットがあると私は思います。

この様にSTOは真面目にプロジェクトを推進している企業・団体にとってはメリットが非常に大きいといえると思います。

 

スポンサードリンク


仮想通貨|STOのプロジェクトが続々誕生?

すでに、仮想通貨STOに関するプロジェクトが続々と誕生しているのをご存知ですか?ここではその一部をご紹介したいと思います。

Polymath Net Work(POLY)

Polymath Net Work(ポリーマス ネットワーク)はSTOを実施するためのプラットフォームサービスを提供しているプロジェクトで、既に仮想通貨取引所への上場も果たしており時価総額のランキングでも70位前後になっています。

また、Polymath Net Work上で実施されているSTOプロジェクトを複数発表しておりSTO市場の拡大に合わせて成長していくことが期待されていると言われています。

SWARM(SWM)

SWARM(スワーム)は、何らかの価値を持つ資産をユーティリティートークン化するプラットフォームと言われています。

FINOM(FIN)

スイスのブロックチェーン企業が発行するユーティリティートークンで保有者は同社の利益の一部を四半期ごとに配当で受け取る権利が得られます。

どれもこれからの展開に期待が持てるという事だと思いますのでSTOには是非注目していきたいものだと私は思います。

 

仮想通貨|STOのまとめ

仮想通貨STOはICOを超える資金調達になるかもしれないと私は思いますが、いまだにICO規制の行方は不透明となっています。

また、今後はSTOを行うプロジェクトが更に増えていくだろうと思いますし、STOの信頼性は投資家にとっても大きな安心材料になると私は思います。

さらに証券として分類されるものを全てトークン化できればブロックチェーン企業が発行するトークンだけではなく株や社債、債券などあらゆる証券がトークン化されることもあると思います。

また、これらの既存の証券をトークン化すれば移転・譲渡が簡単になり、さらに分割も可能になるというメリットが生まれSTOはICOを超えて今後の主流になるのではないか?

という私の考えでしたが皆さんはいかがお考えでしたか?また、今後この仮想通貨STOについて突っ込んで書いていきたいと思います。

それでは、今回はこの辺で!

長々と読んでいただきありがとうございます。

感謝。  


スポンサーby Link

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

398人の購読者に加わりましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください