当サイト推奨

原田翔太×長倉顕太|ザ・プロデュースはどのように稼ぐのか?

原田翔太×長倉顕太|ザ・プロデュースはどのように稼ぐのか?

原田翔太×長倉顕太|ザ・プロデュースはどのように稼ぐのか?

引用元:http://factory-llc.jp/4th/opt1/

みなさま、こんばんは!

ブログニストことmasaです。

今回は、不平等な社会構造(資本主義)から抜け出し、ゼロから無限の富を生み出す資本家でもない労働者でもない新しい生き方という情報商材のオファーが入ってきましたが、果たしてビジネスモデルは何なのか?どのように稼ぐのかしっかりと検証していきたいと思います。

その情報商材は、原田翔太×長倉顕太|ザ・プロデュース!

それでは、原田翔太×長倉顕太さんのザ・プロデュースの特定商取引法から見ていきたいと思います。

 

原田翔太×長倉顕太|ザ・プロデュース特定商取引法

原田翔太×長倉顕太|ザ・プロデュース特定商取引法

合同会社ファクトリー

E-Mail:factoryinc@internationalpublishers-syndicate.com

以上??

これでは、ちょっと納得がいきませんでしたので色々調べてみるとこの様な特商法が現れてきましたので皆様と共有したいと思います。

販売者名:合同会社ファクトリー

運営統括責任者:長倉顕太

電話番号:03-4520-5423

所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-12-902

お問い合わせ先:factoryinc@internationalpublishers-syndicate.com

では、なぜ特定商取引法を隠す必要があるんでしょうか?

原田翔太×長倉顕太さんのザ・プロデュースに参加し何かあった場合(稼げなかった場合?)は行方をくらまそうという算段なのでしょうか?

それは、本人にしか分かりませんのではっきりしたことは申し上げられませんが、いずれにしろ注意していただきたい商材であるという事は頭の片隅に入れておいてくださいね!!

それでは、原田翔太×長倉顕太さんのザ・プロデュースはどのように稼ぐのかと言うところに迫っていきたいと思います。

 

原田翔太×長倉顕太|ザ・プロデュースのビジネスモデルとは?

という事で、いつもの通りメールアドレスとlineを登録すると動画が現れましたので皆様と共有したいと思います。

という事で、原田翔太さんと長倉顕太さんのザ・プロデュースの対談形式の動画を拝見させていただきましたが、プロデューサーになろうよ!

という情報商材のようですね!

今まで、プロデューサー養成講座を第3期までやっていましたが反響がすごかったので第4期の募集に踏み切ったというところでしょうか。

それでは、初期費用・スキル・人脈がなくても『ガンガン儲かる』原田翔太×長倉顕太さんのザ・プロデュースとは?

オファーページではこのように言われておりますが・・・

 お金がなくても

 能力がなくても

 人脈がなくても

 スキルがなくても

 たった一人でも

ただ、このプロデューサー養成講座は世の中色々なプロデュースをしている方がおられますが、あなたがやりたい、そして経験をいかしてそれをプロデュースするというかたちになるのでしょうね。

ただし上記の5つはプロデューサーになるためには必要不可欠と言わざる負えませんが皆様はどうでしょうか?能力がなければプロデューサーにはなれませんし、一番大事な人脈という部分でも持ち合わせていなければ稼いでいくのは大変かと思います。

また長倉顕太さんは、「Google」「Apple」「Facebook」の最先端情報を手に入れるため海外に住んでいらっしゃるという事ですので、集客にはSNSを使うのでしょうか?

たとえ、どちらに転んだとしてもスキルなしにプロデューサーというお仕事は無理ではないのかなと思いますし、万が一この講座でプロデューサーになれるというのでしたらかなり高額な講座費用がかかるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク


原田翔太×長倉顕太|ザ・プロデュースのまとめ

原田翔太さんと長倉顕太さんのザ・プロデュースは誰かを、どこかの企業をプロデュースしてがっつり儲けようぜ!

というオファーでしたが皆様はいかがでしたか?

誰かを、企業をプロデュースするためにはそれなりの知識も必要ですしその道の経験も必要だと私は思います。

ただし、このザ・プロデュースは、そんなのは一切関係ないという事ですので私にはちょっと不思議でたまりません。

プロデューサーと言う仕事は一歩間違えたら相手をどん底に落としてしまうくらい間違ってはいけない仕事ですので、私には向いていないと思いますし、皆様の中でも向き不向きがあると思います。

ですので、養成講座に参加したとしても不向きの人は脱落をしていくのではないでしょうか?

また、この養成講座に関しては超高額なバックエンドが待ち構えている可能性もございますので十分に考慮してから行動をしてくださいね!

という事で今回はこの辺で!

長々と読んでいただきありがとうございます。

感謝。


スポンサーby Link

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

398人の購読者に加わりましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください