当サイト推奨

Lee Ka Man×今井きょうへいの上場記念トークン無料配布キャンペーンとは?

Lee Ka Man×今井きょうへいのICO上場記念【無料配布】キャンペーンとは?

Lee Ka Man×今井きょうへいの上場記念トークン無料配布キャンペーンとは?

引用元:http://japanlast-ico.com/mov/frewq1/

皆様、こんばんは!

ブログニストことmasaです。

最近は、本当にICO案件が多いですね・・・(汗)

何故、この様にICO案件が多いのか?私が思うに駆け込み需要ではないですが、アメリカでのICO規制がそろそろ始まり、日本でも金融庁がみなし仮想通貨取引所に対してしっかりと調査し規制をかけるという事ですので皆さん急いで案件をどんどん出してきているのかな?

また、ICO案件に関しての法整備が整っていませんので、ICO発行するだけして何もしないで連絡が取れなくなるなど、そういう案件が山ほどありますのでしっかりと検証したいと思います。

その検証する無料オファーがLee Ka Manという方が代表責任者を務め、今井きょうへいさんがナビゲーターと言う5/10上場記念トークン無料配布キャンペーンというオファーです。

それでは、検証作業を始めたいと思います。

Lee Ka Man×今井きょうへいの上場記念トークン無料配布キャンペーンとは?

それでは、早速商取引法を見ていきましょう!

Lee Ka Man×今井きょうへいの5/10上場記念トークン無料配布キャンペーンとは?特定商取引法

運営会社:Patron Relations Limited

代表責任者:Lee Ka Man

所在地:Eden Plaza, Eden Island, Mahe, Republic of Seychelles

メールアドレス:mail@japanlast-ico.com

表現、及び商品に関する注意書き:本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

まず、運営会社のPatron Relations Limitedという会社は存在しておりませんし、代表責任者のLee Ka Manという方はこれだけ大々的に宣伝をしておられますが、調べてもそういう人間は発見できませんでした・・・。

私の調べ方が悪いのか?それとも架空の人物なのか?ちょっと疑問に思うところです。

所在地に関してはこちらです・・・。

引用元:google earth

引用元:google earth

セーシェル共和国というアフリカの横にある諸島ですがそのようなところからのオファーです!

しかし、しっかり住所を調べてみるとエデン・プラザというショッピングモールがヒットしましたのでこちらの住所はOUTではないでしょうか?

ただ、今井きょうへいさんがナビゲーターを務めるLee Ka ManさんのICO上場記念トークン無料配布キャンペーンの中身はどのようになっているのか?

 

Lee Ka Man×今井きょうへいの上場記念トークン無料配布キャンペーンとはどのように稼ぐのか?

それでは動画がありましたので皆様と共有したいと思います。

上場確定トークンをすぐに!100%全員に!完全無料でプレゼントと謳っているこのオファーのインタビュアーは今井きょうへいさん、色々調べてみるとあまり評判の良くない商材を以前オファーしていた経験がありました!

そして、もう一つ与沢翼と一緒に仕事をしていたという事、これをもってこの商材は怪しすぎると断定できます。

上場記念トークン無料配布キャンペーンは、とにかく時間がありません!すぐにトークンを無料で受け取ってくださいと煽りに煽っているところを見ると、セールが本当に近いのか?それとも規制が入る前にお金を集めてしまってどこかへ消えてしまおうという事なのかこの2択です。

上場記念トークン無料配布キャンペーンのトークンの内容としては、パトロンというICO案件なのですが、インフルエンサーと個人をつなぐというものなのですが、早く言えば、色々な方面で影響力を持つ人と個人を繋ぐという企画みたいです。

通常で考えれば広瀬すずさんに会いたいと思えば大金がかかります!その半分近くが事務所のマージンだと考えられますが、そのマージンを無くして直接会えたら費用は半分くらいになりますよね?

そういうことを企画しているのが今回ICOで上場しようと考えているパトロンというものらしいですが、本当のところはどうなのでしょうか?

4月21日のトークン配布生放送ライブがあると言うのでそのライブを見てから色々な判断をしたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

Lee Ka Man×今井きょうへいの上場記念トークン無料配布キャンペーンのまとめ

という事でこの案件は、4月21日の配布生放送ライブを見てからの判断と考えていますがそれでは遅い?

はい、わかりました!

それでは、ここで私なりの見解をお伝えしたいと思いますが、まずICO関連で上場を考えている企業や個人でもそうなのですが、ホワイトペーパーというものを提示しICOで参加者を募集するというのが本当だと思うのですが・・・

今までのICO案件の商材には一切そういうものの提示がございません!

※ 因みにホワイトペーパーとはICOをするにあたりどのようなことをしたいかという企画書、理念的なものです。

私的に思う事なのですが、この様な情報商材で出回るICO関連のオファーは9割9分詐欺的商材だと私は思っております!

皆様にはそのような詐欺的商材に引っかかっていただきたくないと思いで先日書いた記事がございますので参考までに見てください。

仮想通貨|ICOって何?騙されないためにしっかり学ぼう!

そして、早く登録をと促すわけとしては記事の冒頭でもお話いたしましたがアメリカ、日本での仮想通貨の規制に関することも含まれているのではないかと推測します!

よってこの案件は・・・皆様にお勧めできるような案件ではございません!

何故そんなこと言えるの?

セールスレターでは、100%と謳っておきながら特定商取引法では・・・

本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

という事でこちらのオファーはOUTです!

という事で今日はこの辺で!

長々と読んでいただきありがとうございます。

感謝。


スポンサーby Link

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

398人の購読者に加わりましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください